観る

故浅沼稲次郎の生家

神着地区

故浅沼稲次郎の生家

三宅島出身の政治家で、日本社会党書記長、委員長を歴任。大きな体と大きな声で精力的に遊説する姿から、「演説百姓」、「人間機関車」などの異名をとった。
1960年、安保闘争を前面にたって戦い、岸信介内閣を総辞職に追い込むが、総選挙の前哨戦として行われた、日比谷公会堂での自民・社会・民社3党首立会演説会で、演説中に腹部を刺され、波乱の生涯を終えた。

浅沼稲次郎_銅像
浅沼稲次郎_銅像
アクセス
バス停 神着 下車徒歩10分
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
PageTop